Loading...

特集

美しい庭園を見に行こう!【西日本編】

美しい庭園を見に行こう!【西日本編】

見た目の美しさだけでなく、日本の伝統文化を感じられるのが日本庭園の魅力。
自然から発せされるマイナスイオンによって、癒し効果も得られるでしょう。
究極の美を誇る京都の桂離宮をはじめ、西日本地域には多くの名園が存在します。

究極の美しさを堪能できる日本庭園の最高峰

究極の美しさを堪能できる日本庭園の最高峰

1.桂離宮(京都府)
https://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsura.html

国内随一の美しさを誇る日本庭園。江戸時代初期に作られたもので、敷地には池を中心に古書院、新御殿、茶亭などが配されています。回遊式の園内は、歩くたびに景色が変わり、新しい世界が目前に表れます。その計算された作りこそが日本庭園の最高峰と称される所以。精巧な細工が施された建物の美しさにも、目を奪われます。

交通)
阪急京都線 桂駅から徒歩20分

都会の中に佇む癒しの空間

都会の中に佇む癒しの空間

2.相楽園(兵庫県)
https://www.the-sorakuen.jp/

ビル群に佇む自然美にあふれた名園。明治時代に作られ、昭和初期に一般公開されるようになり、現在では結婚式やパーティ会場としても使用することが出きます。ツツジの名所としても知られ、春には鮮やかな花が咲き誇ります。ほかにもソテツや松、樹齢500年と言われる「大クスノキ」などが植樹され、都会の中に鮮やかな緑の癒しの空間を作り出しています。

交通)
JR元町駅から徒歩10分

自然と歴史を感じられる壮大な名園

自然と歴史を感じられる壮大な名園

3.岡山後楽園(岡山県)
http://okayama-korakuen.jp/

偕楽園、兼六園に並ぶ、日本三名園のひとつ。江戸時代初期に作られ、約13万3,000平方メートルの広大な敷地の中に、豊かな自然と歴史的な建築物が立ち並んでいます。「花葉の池」には大輪の白い花を咲かせる蓮が浮かび、立体的な空間を魅せる「唯心山」の中腹には、ツツジやサツキが美しい花を咲かせます。園内ではタンチョウが飼育されるなど、自然の豊かさを感じることが出きます。
交通)
JR岡山駅から徒歩25分

広大な敷地内に「美」と「癒し」が点在

広大な敷地内に「美」と「癒し」が点在

5.大濠公園日本庭園(福岡県)
https://www.ohoriteien.jp/

大濠公園開園50周年を記念し、昭和59年に開園した回遊式の庭園。白壁の築地塀と樹林に囲まれた約1.2ヘクタールの園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、数寄屋造りの茶室などが配置され、ゆったりと散策しながら、様々な景色を楽しむことができます。静かに流れる滝や、白砂が敷かれた庭など、癒し効果が満載のスポットとなっています。
交通)
地下鉄 大濠公園駅より徒歩10分